Fyter Fest ③終:CIMAに対する外人の反応。

(「メテオラ!」出典:AEW)

こんばんは、ヤマガタです。

もう1試合だけ、Fyter Festについて書かせて頂きます。

われらがCIMAの試合です。

(以下、画像出典はAEWです。)


・CIMA


日本人はみんな知っている。
ドラゲーのマイクは、
みんなCIMAに聞こえる。

AEWとCIMA。

OWE繋がりなんですけれども(この記事)、いまいちまだピンと来ませんよね。・・・私もです。

CIMAの生活は、もう完璧にOWE一色みたいで、ブログもツイッターも、みんなOWE一色です。

参考:CIMAたちのブログ

参考:CIMAのツイッター

ちなみにCIMAがドラゴンゲート、カネの話でもめて止めたっていうくだり、前の記事書いたときにはWikipediaにあったんですけれども、さっき見たら消されてました。


・クリストファーダニエルズ


実力者。

今回、CIMAはFyter Fest本戦第1試合で、SCUのクリストファーダニエルズ(Christopher Daniels)と対戦しました。

SCUですが、以前の記事でちょこっと試合見たときから、いい選手(たち)だな~・・・キャリア長そうだな~・・・とおもいながら気になっていたユニットです。

私ぜんぜん知らないんですけれども、きっとアメリカではリスペクトの対象なんでしょう。

アナウンサーのジムロスが仕切りにいっていたんですけれども、今回のCIMAの試合は、次回AEWの興行Fight for the Fallenのケニーオメガ戦への布石となっていて・・・

・・・ようするに、ここでSCUのクリストファーダニエルズを破ったCIMA!!と外人に、いかにCIMAがすごいかを知らせる試合でもあったわけです。


・しかし・・・伝わってなかった・・・


倒れていたクリストファーダニエルズが
ちゃんと半腰あげて待っているところに
メテオラ!!

・・・しかし、AEWの思惑もむなしく、試合は盛り上がっていませんでした。

わからんだろーなー・・・CIMAのすごさ。

ちょーーーーーっと、これだとAEWの看板スター、ケニーオメガの相手として、CIMAは説得力ないかも。

いや、CIMA自身が悪いわけではないです。

こういうのは、どこでも、どの業界でもあること。

どう工夫しても動かせない、ということは、だれでも直面することです。

そういった壁にCIMAはぶつかっているような気がします。

すこし残酷な言い方ですが、AEWでのCIMAの活躍というのは、あまり期待できないかもしれません。

そんな風に思いました。

そしてそこから芋づる式にOWEがAEWにとってお荷物になるのではないか・・・

そんな風にも思いました。

ちょっと雲行き怪しいです。

ジョンモクスリーあたりは、サンサンに日が照っているんですけど。

CIMAたちがアメリカのショービジネスの犠牲にならないことを祈ります。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m