Super Show-Downその②:シナの髪(Cena’s hair)を求めて。

(出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。2018年10月6日、WWE初となるオーストラリアでの巨大な興行、スーパーショーダウン(Super Show-Down)が、メルボルンクリケット競技場(Melbourne Cricket Ground)、通称MCG、で開催され、70,309人というなかなかなの観客動員数を記録しました。

70,309人!

客入りは良かったですね。

ノリは、やはり西洋人なので、グレイテストロイヤルランブル(GreatestRoyalRumble)の時のような変な雰囲気ーブローカー的というかオイル商人的というかーはなかったです。

(以下、画像出典はWWEです。)


・Cena’s hairを求めて。


映画の題名がProjectXらしい。

ProjectAって映画あったね。

・・・というかジャッキーチェンは、

64歳なのだが・・・。

前回、お伝えした通り、ProwrestlingNetさんの記事でやたらシナの髪の毛(Cena’s hair)の話を内輪ネタみたいにして論じていたので、なにはともあれ、ひさびさのジョンシナ(John Cena)の試合、見てみたいと思います。

シナの試合は、第3試合.  ボビーラシュリー & ジョンシナ vs. イライアス & ケビンオーエンズでした。

シナは中国でジャッキーチェンの映画撮影に首ったけ(上掲画像)なので、プロレスどころではない、というか、映画撮影に支障を来してはならないので、絶対危険なことはしない・・・と予測されました。

実際、その通りで、ほとんどボビーラシュリーが働いて、最後シナがちょこちょことお馴染みのムーヴ、プラスアルファをやっておしまい・・・という10分ほどの試合でした。

もちろんシナ組が勝ってます。(全結果はこちら


・シナズヘアーを求めて。


これがシナズヘアだ!!

CagesideSeatsの記事なんかを読んで見えて来たのは、どうやらジョンシナの髪の毛の話は薄毛限定ではない、ということです。

単純に、軍隊カットだったジョンシナの髪の毛が、突然ジャッキーチェン映画撮影用に伸ばされ、「あのひとに似ている・・・」だとか「なんかパパみたい・・・」というジョークにインターネット上で発展して行った、という話なんですね。


・だから植毛しろって!


オートンに続け!!

ただCagesideSeatsのこの記事ー以下の抜粋ーにあるとおり、髪を長くしたことで薄毛の話が炎上し始めているのは確かで、結果は上掲画像のとおりです。

シナが髪の毛を伸ばすことにしたことは、同時に彼の頭頂部がいかに薄毛だったかを明らかにしてしまい、それがネット上に好奇心を振りまいている。

the decision to grow it long and reveal how badly it’s thinning in the back is a really curious one

これ以上は、本サイト薄毛担当のバールドさんのテリトリーなので何とも言えませんが、「カネあまるほど持ってんだから早く植毛して」というのが私の意見です。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m