2018年4月前半の相場まとめ(1):チャートの動き。

(バッシャール・アル=アサド大統領
出典:Wikipedia)

こんばんは、品川です。「そろそろFXを含め相場を概観できる記事が欲しい」とのことで、自転車操業的ですが、記事を重ねて行きたいと考えています。焦点は主に、ファンダメンタルズに当てられます。ご容赦ください。

手始めに、今月(2018年4月)前半の相場を、概観してみましょう。


・円安ややリスクオン。


上:USD/JPY、下:EUR/JPY

(出典:外為オンライン)

8時間足です。どうしてそんな中途半端な時間単位を取ったのかというと、単純に4月に入ってからの値動きをよく見ることができるからです。

上掲画像ともに左端が大体、4月初頭に成っています。

米ドル、ユーロともに円に対して強くなっているのが分かりますね。

上:USD/JPY、下:EUR/JPY、ともに同じような形をしています。


・EUR/USD、ZAR/JPYは「行って来い」。


上:EUR/USD、下:ZAR/JPY

(出典:外為オンライン)

こちらも、4月に入ってからの動きが見やすいように8時間足に成っています。

対円で見ると、米ドルとユーロは同じような動きを見せていますが、そのほかの通貨はどうでしょうか。

対円では、ともに強かったユーロと米ドルですが、互いを比べてみると(EUR/USD)、拮抗しているのが分かります。上掲画像の上のチャートをご覧ください。ようするに「行って来い」ですよね。

また、本サイトでも良く取り上げる南アフリカランド(ZAR/JPY)はどうでしょうか。上掲画像の下のチャートをご覧ください。これも「行って来い」です。

4月前半は、基軸的な役割を果たす米ドルとユーロが強くなり、そのほかの局面では小康状態といった印象です。

ただ、体感的には、やや下げ相場というのが、みなさんの実感ではないでしょうか。私もそうです。

理由は、シリア問題、北朝鮮問題、日米首脳会談などありましたが、どれもリスクにまで至らなかった、でもリスクとしては消え去っていない、というところにあるのでしょう。

それを次回、すこし立ち入って見てみたいと思います。

今回は、ここまでです。

次回に続きます。