アスカ選手が移籍(Superstar Shake-up2日目):その3(終)。

(「両脇の2人が思ったより
怪訝そうな顔をしている。」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。現地時間(2018年)4月17日火曜日Smackdownで、WWEの選手入れ替えに当たる「スーパースターシェイクアップ(Superstar Shake-up)」2日目が行われました。

そのなかで、アスカ(ASUKA)選手が、RAWからSmackdownに移籍しました。この移籍が、今回のスーパースターシェイクアップの目玉だったと言えるでしょう。

では、どんな風にしてアスカ選手は登場したのでしょうか。

ちょっと見てみましょう。

(以下、画像出典はWWEです。)


・カメーラはSmackdownのアレクサブリスに成れるか?


ちょっと暴走。

前回カメーラ(Carmella)選手がキャッシュインで、シャーロット選手からSD王座を奪い取ったお話をしました。

今回(スーパースターシェイクアップ当日)、そのカメーラ選手が戴冠後、初のマイクを行います。

ビンス(マクマホン=WWEの社長)とか、こういうのガン見しているんでしょうね。

うわ~緊張する。

そんな、勝負のマイクです。

観客「ゆ~で~ざ~べっと!(You deserve it=ベルト似合ってるよ!)」

カメーラ「ありがとう、分かったわ。」

カメーラ「まあ、私がチャンピオンに成る前から応援している人は、そのままチャント続けて。」

カメーラ「そうでないひとは、シャラップ。」

カーメラ「今度から、SD女子王座となった私のこと、こう呼んで。」

カメーラ「ムーンウォーキング!クラッシュトーキング!クラウンプリンセス!オブ・スマックダウンライブ!」

カメーラ「がははははははははははははは!!」

・・・というわけで、気合が空回りして、変なマイクをしてしまったカメーラさんでした。

もっとお客さんと、やり取りしなきゃ。


・シャーロットが介入。


奥の赤い点みたいなの。

カメーラ選手が暴走気味のマイクを披露しているところに、シャーロット選手が介入して来ます。

介入だと、劣らず変なマイクも目立ちません。

シャーロット「エクスキューズミー、チャンプ。」

シャーロット「悪いけど、アンタのタイトルロードは、直ぐ終わるんじゃない?」

シャーロット「ようするにビリーケイとペイトンロイスが私を負かしたから、あんた、タイトル取れた訳じゃない・・・。」


・アイコニックデュオ登場。


WWEの

オーストラリア進出の

一翼を担う。

(2人はオージー。)

ここで、アイコニックデュオこと、ビリーケイ(向かって左)とペイトンロイス(向かって右)選手が再登場です。

ビリーケイ「シャーロット、みっともないからやめなよ。」

ビリーケイ「自分が王者陥落したのを、私たちのせいにするの?」

ペイトンロイスが、シャーロットのマネをする。

ビリーケイが「似ている!」とゲラゲラ笑う。

とうとうシャーロットがブチ切れ、2人に殴りかかる。

が、返り討ち!

そこにベッキーリンチが救援に駆け付ける!

水彩画みたいになってしまった、

ベッキーリンチ。


・タッグ戦に成り、シャーロット組が勝った。


アタシがチャンピオンなの!

ぅわかってんの!!??

こうして、シャーロット&ベッキーリンチ vs. アイコニックデュオというタッグ戦に成りました。

シャーロット組が勝ったのですけれども、ありがちな展開で、試合後、放送席で見ていたカメーラが、シャーロットに襲い掛かります(上掲画像)。

ベッキーリンチも、アイコニックデュオにボコられる!!

ベビー組ピンチ!


・そこに!!


でーでーでっ♪

シャーロット選手がカメーラに頭ぐりぐりされていると、そこにアスカ選手の入場曲が流れ出します・・・!(上掲画像)

でた!!

こ、これが・・・!


・というわけで、元気そうなアスカ選手でした。


このようにして、アスカ選手のSmackdownデビューが果たされました。

当面、シャーロット選手とベッキーリンチ選手とで、ベビートリオやるみたいです。

傍から見ていて、ふと思ったのは、ベッキーリンチが「私が主役に成れるのは何時なんだろう・・・」と考えてそうだということです。いいタレントだけに、なにかチャンスをあげるべきなんじゃないでしょうか。

アスカ選手は、まだがっちりプッシュが続きそうでした。

でも、せっかくSmackdownに移籍したなら、いっそのことヒールに転向したほうが良いかも知れません。

どうなるんでしょうかね。

・・・・・・

それでは、これで本連載は終わりです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m