Mixed Match Challengeってどんな感じ?

(「このふたり良かった」
出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。WWEでは、いろいろイベントが目白押しですが、コンテンツのマネタイズに余念の無いビンスマクマホンは、このたび2018年1月16日から、男女混交タッグ Mixed Match Challenge をスタートさせました。放送は、Facebook Watchというあんまりよく分からないプラットフォームで放映されています。

放送時間は、Smackdownの終わる夜10時からで、これによりただでさえ深夜帯の205Liveが10時半スタートに成ってしまいました。本当に、205Liveを生かすつもりあるのでしょうか?

さて、記念すべき第1試合は、

フィンバラ―(ベイラー)&サシャバンク

vs

シンスケナカムラ&ナタリア

でした。

早速、みてみましょう。

(以下、画像出典はすべてWWEです。)


・ナタリアが良かった。


サシャは、チーターなの。

チーターはミャオについて

何も知らないの。

彼女はミャオじゃないの。

ミャオに生きていないの。

・・・まあ、試合は、バラ―(ベイラー)&サシャバンクス組が勝ったんですけど、この企画自体、完全にウケ狙いなんで、結構どうでも良かったりします。

ネット上で評価が高かったのが、ナタリア(Natalya)選手で、私もこの試合見てファンに成りました。


・だからネコキャラ暴走させんなよ。


・・・・・。

きづいたときには既にネコキャラだったので、彼らが何時からミャオミャオ言ってたのか分かりません。

ただ、ネコを全力で推してくるので受け入れざるを得ませんでした。

敗者復活を狙っているようです。


・戦い方は、そんな感じ。


活魚の如く暴れるサシャバンクス。

MeTooムーブメント的なこともあるので、男vs男女vs女、という感じで試合は進んで行きます。

たまーに、vsという感じで対戦が交錯する場面もありますけれども(上掲画像)、基本はMeTooムーブメントで。

・・・・・

こんなんでいいかな。

あ、アスカ選手も、ザ・ミズと組んで出るそうなので、面白かったらレポートしようと思います。

それでは。

またお目にかかりましょう。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m