G1 クライマックス 27 決勝 その4(終)

(「内藤哲也選手」画像出典:新日本プロレスワールド)

こんにちは。ヤマガタです。

前3回(その1、その2、その3)に続けて、2017年8月13日(日)G1クライマックス決勝戦内藤哲也選手vsケニーオメガ選手の話を続けさせていただきます。


・オメガさんが本気で仕留めようとしている…。


(画像出典:新日本プロレスワールド)

危険な技の応酬だった本試合、解説のライガー氏(覆面のみ)などが絶句する中、オメガ選手がまた無茶しようとしています。

は、脳天をゴン!とコーナーポストに打ちつけられた内藤選手を、コーナーポスト最上段からパワーボムしようとしているんですね。

こうなると、良い子は絶対マネしないでくださいというコメントしか見つかりません…。


・さようなら、内藤さん…。


(画像出典:新日本プロレスワールド)

この場面を見ながら、ああ、本当にプロレスラーに成らなくて良かった…と思いました。

高校時代、友達が(たぶん)新日本プロレスの入門テストを受けに行った(そして落ちた)ことが、走馬灯のように頭を駆け巡ります。

プロレスはやはり、観るものなんですね。


・でも、この試合の最大の見せ場は、フランケンシュタイナーだった。


(画像出典:新日本プロレスワールド)

でも、ここから内藤選手が切り返します。

このひと、本当に運動能力高いんだな、と思わずにはいられない一瞬です。

ロープを使ってのスイング式のDDTとか、本当に、見慣れたプロレスの技を、かなり刺激的に見せる才能がありますよね。だから人気があるんだろうな。

個人的には、内藤選手のボディープレスの受け方が、相手をすごく上手く引き立てていてスバらしいと思っています。


・グシャッ…。


(画像出典:新日本プロレスワールド)

速過ぎて分かりませんが、内藤選手が、オメガ選手にフランケンシュタイナーを決めた瞬間です。

机のパイルドライバーに続き、オメガ選手、この日2度めの災難

でも、机のパイルドライバー(カド)とは違って、このフランケンシュタイナーは互いに打ち合わせしていたでしょう。

打ち合わせしていたけど、トップアスリートじゃないと、絶対できません。ここがプロレスラーの超人たる所以だと思います。


・吹っ飛んで、転がるオメガ氏。


(画像出典:新日本プロレスワールド)

一体、どんだけ鍛えてんだよアンタ…という言葉しか出ません。すごいですね。死んでもマネできません。

結局、この技で優勢に立った内藤選手が、最後は美しい決め技ディスティーノで勝利をもぎとり、G1優勝を決めました。

終わった後、マイクがあれだけできる体力も信じられないですけれども、両国国技館ファイナルを過激すぎる内容で、お客さんを120パーセント満足させた2人に、熱い拍手を送らずにはいられません。


・むすび。


2017年8月13日(日)G1クライマックス決勝戦内藤哲也選手vsケニーオメガ選手の試合について、レビューを書かせて頂きました。

感想は、レスリングオブザーバーのデイブメルツァー氏と全く同じです。間違いなくベストバウトだけれども、危険性においても群を抜いていました。

正直、私は最初の机パイルドライバー(カド)で、もう観たくなくなったというのが実感でした。でも、中盤の内藤選手のフランケンシュタイナーを見て、やはり凄いと実感しました。

試合中、プロレスラー達は、技の成功や失敗、観客の雰囲気をすべて察知しながら、なおかつ自分の肉体の危険性を回避して戦っているのだと思います。それを考えると、本当に超人だなとは思わずにいられません。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。